モーガル(Mogul)工場日誌

80分の1、16.5mmゲージを中心とした鉄道模型工作

ボルトスライダー(2)

ボルトスライダーの配線ができました。ホームセンターで購入したラグ板、電線(通常のものとアース線)、コンセントなどを組み立てました。アースは、室内のエアコンのコンセントについていたアース用のネジにとめた次第です。 これに四半世紀前に購入したPF…

カツミのC12 (8)

台枠内、シリンダ、水タンクなどにウエイトを補充し、未塗装完成としました。全重量361g。 レイアウトの外線に24両編成の貨物列車が停車しています。この列車をD51や8620は単機で牽引することができず、重連にせざるを得ません。ところが、このC12は単機で楽…

カツミのC12 (7)

マシマの比較的大きいモーターを利用しているため、意外にスピーカーのスペースがありません。以前購入したキューブ型のスピーカーでもちょっと苦しい。 そこで、所属クラブのU森さんにいただいたスマホ用のスピーカーを使うことにしました。真鍮で反響用の…

カツミのC12 (6)

位相合わせの後、動輪を組み立てました。PFMのサウンド用接点の取付板を1㎜板で作り、台枠に半田付け。接点は、プリント基板、ベリリウム板、0.047PFのチップコンデンサーで作り、取付板に1.4㎜ビスで取り付けます。

カツミのC12 (5)

ヘッドライトを古いニワのものから珊瑚の点灯可のLP42に交換しました。 サウンドはちょっと迷ったのですが、せっかくだからつけてみようと思います。第三動輪に接点のドラムをつけました。念のため、車軸にハンダ付けしました。なんとかプラを溶かさずに済ん…

カツミのC12 (4)

空気作用管を右側にも這わせました。燐青銅線は扱いにくいですね。 諸般の事情で3日ほど更新できそうにありません。

ボルトスライダー

半田ごての電圧調整には右手にある200W用の器具を40年使い続けてきました。 この器具がいい加減古くなっていることと、PFMのSoundIIへの供給電圧を米国仕様の120Vに上げてみたかったことから、山菱のボルトスライダー(3A)を購入しました。 接地の対策や…

カツミのC12 (3)

9046他やらなければいけないことが山積してますが、まずは、30年ぶりに工作を再開したカツミのC12を完成させようと考えました。 空気作用管は工作が難しいので、原則省略することにしてきましたが、今回は挑戦してみました。銅線の方がリン青銅線よりばね性…

御殿場線を走るSSE(2)

御殿場線を走るSSEの続きです。自動車や看板が見えないところが時代を感じさせてくれます。

御殿場線の73系 (4)

上は平凡な全金属製のクモハ73が先頭ですが、2両目は戦前の2扉車の改造、3両目は原型モハ72です。 下は両端がクモハで真ん中がサハの編成ですが、ここにもサロハ46改造の4扉車が入っています。 昔の電車は車両のバラエティに富んでいました。

ナハフ10 (10)

幌つりは真鍮線で作ろうと思てっていたのですが、ネットサーフィンでロストの製品があることを知り、取り付けてみました。まあ、最後部だけちょっと贅沢をしましょう。 テールライトもLEDで用意しました。これでようやく生地完成。塗装は少し涼しくなってか…

御殿場線を走るSSE(1)

小田急からの乗入れは、当時、SSEでした。確か、小田急の乗務員がそのまま国鉄線を乗務していたと思います。 大きなトラス橋の右隣に複線だったころの橋脚が見えます。鉄道の通信用電信柱(蠅たたき)も残っています。

御殿場線の73系 (3)

御殿場線には2扉車を改造したサハ78がいたのも特徴でした。写真は元横須賀線のサロハ46の改造のようです。サロハ46は戦時中に全車4扉化されて形式消滅してしまいました。

御殿場線の73系 (2)

御殿場線にはクモハ73の全金属試作車が集まっていたのも懐かしい思い出です。モハ72の原形も当時なかなか見られなくなっていました。

御殿場線の73系(1)

中学鉄研の仲間と御殿場線を訪ねたときの写真です。見慣れた73系も違う表情でした。

ナハフ10 (9)

室内灯などを取り付ける際、カツミ・日光方式のボルスターを使う場合は、通常、床上に出たセンターピンにラグをビスで締め付けます。しかし、この方式は集電不良をおこす確率が非常に高いものです。台車のセンターピン穴とセンターピンの接触が十分担保され…

ナハフ10 (8)

票差しを取り付け(結構時間がかかりました)、椅子を設置してみました。ここまでで重量がすでに225g。ソフトメタルのベンチレーターをのせると230gになりそうです。せめて200g程度におさまるとよかったのですが、しかたありません。

クモハ73 600番台

南武線の立川側は次第にクモハ73の600番台が増えていきました。偶数番のため、パンタが後ろにあり、迫力がなく、あまり好きになれなかった車です。1973年谷保~分倍河原間

ナハフ10 (7)

久しぶりに工作台に向かいました。9046をやりたいところですが、ナハフ10を忘れてはいけません。仕掛品在庫を減らすというのは、トヨタ式生産方式の神髄、お師匠様のところにも仕掛品は常に一つしかないようでした。 カプラーはもともとの取付穴はKD8に合う…

クハ79 920(全金属車)

クハ79の全金属車は美しい車でした。写真は1973年4月南武線の谷保駅を出発したところです。南武線の川崎方はクハ79の300番台が多く、全金属車が先頭に立つのは珍しかったと思います。南武鉄道時代の架線柱も懐かしいですね。

下河原線の思い出(2)

下河原線の砕石列車です。沿線の石材工場に砕石を運び、その帰りの空荷の列車です。 八王子のDD13はすべて初期型でした。DD13の前は8620が担当していたようですが、自分の記憶にはありません。 国分寺は、西武国分寺線(ブリジストン関係など)、下河原線(…

下河原線の思い出(1)

モハ40で下河原線を思い出したので、以前スキャンした写真を取り出してみました。昭和48年(1973年)3月の国分寺駅です。昼間はこのクモハ40が単行で活躍していました。 朝夕は昭和44年頃、確か73系4両プラスクハ16の5両編成が活躍したことがあります。その…

モハ40 039

本日も同じような状況なのでおよそ一昔前に作ったモハ40の写真で失礼します。 いさみやの競作で支給されたひかり模型の半流モハ60の車体(ジャンク品)をいじくり、前面などを自作してでっち上げたモハ40です。そのため、裾のリベットのないのが悲しいところ…

8550型

本日も諸般の事情でなにもできず。四半世紀前に作った8550型の横顔で失礼します。

9046 (3)

9046のテンダーの図面を書き始めました。へたですが、書かざるをえませんので。 戦後の9046はテンダー上回りを作り替えたらしく、木製キャブの時代とは異なります。戦後の姿は、リベットもなくのっぺりしていますが、木製キャブ時代は上縁にフレアにがつき、…

潜在的仕掛品

20年くらい前にN村さんに旋盤の操作を教わりに行きました。ご自宅のマンションで、あっという間に作られたのがこのドームです。 これに、天賞堂のCタンクからはずした14㎜動輪を使って某有名機関車を作ろうと思ってたまま、幾星霜。 あと60年くらい生きたい…

9046 (2)

9046の製作にあたっては、この古いトビー0-8-0Tを種車にします。といっても使えるのは、動輪と台枠くらいのものでしょうか。 1997年にアメリカのコネチカットにあったThe Cabooseという模型屋さんから購入しました。確か$100くらいだったと記憶してます。

9040の牽引する旅客列車(2)

諸般の事情でちっとも工作できませんので、9040の横顔だけで失礼します。

9046 (1)

ボールドウィンの小型コンソリ、9046は、もともとニカラグア・ナショナル鉄道向けに製造されたのに、注文流れで日本の美唄鉄道にやってきました。9040型(小コン)にそっくりで、しかも、後年、9040の鋼製キャブを譲り受け、さらに、美唄鉄道に移ってからは9…

9040型の牽引する旅客列車

9040はお師匠様のレイアウトで客車3両を牽引し、山線(最急勾配28‰)を3周したので、なんとか合格点。 ところが、自宅で試運転すると、どうも、集電不良のような様子。最初は線路の汚れのせいかと思って、篠原のクリーナーでごしごし。でも関係なさそうです…