読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mogul工場日誌

80分の1、16.5mmゲージを中心とした鉄道模型工作

トラム

土曜日ですが、諸般の事情で全く工作できません。そこで、今週ようやく完成に至ったトラムについて語ります。 下回りは、カワイがすでに台車を販売していないので、いただきもののロストワックス部品(山形交通?)の軸距離を32mmに縮小して利用しました。車…

9040型(4)

本当に少しずつですが、9040進展してます。テンダー下回りにドローバー・ピンとチャンネル(構造材?)をとりつけ、さらに古いPFMのスピーカーを取り付けられるようにしました。 チャンネルは、0.3mm真鍮板に1mm間隔で筋を2つ入れ、その外側を直角三角形状に…

C57 4次型

1973年5月、高校の修学旅行で九州に行きました。おおらかな高校で、ほとんど自由行動だったので、鉄研の仲間と青井岳に蒸気機関車見物に行った次第です。その時、同級生の大半は高千穂の峰の登山をしてました。 やってきたのは、C57の4次型が牽引する貨物列…

飯田線のクモハ42

ティーンエージャーの頃は、もっぱら電車ファン、とりわけ旧型国電ファンでした。いつもへそ曲がりなので、当時のSLブームに乗りたくないという気持ちと、ペーパーで模型を作りやすい(これなら自分にできる)という事情が影響したものと、わがごとながら、…

ED34

ED34は旧南武鉄道の1000型(1928年製造)で、1961年にED27に改番された機関車です。日立の初期の電気機関車のひとつ。生まれてから国鉄で廃車になるまで、南武線、青梅線以外には足を踏み入れませんでした。 出力700kwのため牽引定数は35で、ED16やED17の80…

別府鉄道5号機

この別府鉄道5号機タイプは、かつてTMSに掲載されたゆうえんさんの製作記事をもとに作ったものです。とっても好調で、また、いろいろな機種との協調運転も得意です。 小生は、小型機にもなるべくPFMサウンドを入れてますが、この機関車だけは、無理でした。…

ヘッドライトとテールライトの配線

日曜日だけど諸般の事情であまり工作ができません。 トラムに窓セルを入れた後、ヘッドライトとテールライトの配線を始めました。プリント基板に定電流ダイオードとダイオードを1灯ごとに直列に配置し、ウレタン線をつなぎました。 さて、この後、この基盤…

チップLED

土曜日だけど、諸般の事情であまり工作ができません。 仕掛品については、後入先出の原則でいくのがいいように感じています。優等生的に古いものから順に片づけるのは、結構、心理的負担が大きいのです。 この原則にのっとり、早くトラムを完成させねばなり…

ナロハネ10

昭和33年頃、中央線にナロハネ10が投入されました。「頃」というのは、多くの模型資料に製造年が1958年と記されているのですが、実際には昭和32年から使用されている可能性があるように思えるからです。例えば、昭和33年3月の時刻表に「国鉄写真ニュース」が…

8620型Mogul

5年前の写真ですが、当鉄道の8620型です。小生は2-6-0の軸配置が子供のころから好きで、TMSのトビーの広告を見ては指をくわえてました。また、中学の修学旅行が東北で、盛岡駅構内を行く花輪線の8620を見たのも強烈な思い出です。 1980年、就職して最初のボ…

2軸客車

正直なところ、2軸客車はあまり好きではありませんでした。でもご縁があって、珊瑚のキットをこれまで4両組み立てました。できてみると、それはそれ、次第に愛着がわき、将来、2軸客車で10両編成ぐらい作れないか、などと妄想が膨らみます。 しかし、2軸客車…

B6原形

当鉄道に3年前に登場したB6原形です。中央東線の歴史を調べると、八王子以遠甲府までの主力機関車は、電化前、B6→9600と変化したようです。その、大昔の雰囲気を味わいたくてキットを購入しました。 キットをほとんどそのまま組み立てただけですが、ウエイ…

4030型の引く貨物列車

昨年秋から出しっぱなしのモハ32他4両編成をしまい、昨年秋からしまいっぱなしの貨車を引っ張り出して貨物列車(20両編成)を作りました。 4030型を久しぶりに取り出し、貨物列車の牽引にあたってもらいました。昔の貨車はバラエティに富んでいていいですね…

カワイの路面電車と9040型テンダー

本日の成果物は、このトラムの塗装と9040型テンダーの縁取り。 トラムはいさみや店頭にできた架線集電レイアウトで遊ぶためのもの。カワイの路面電車の腰板を1mmほど縮めて神戸市電風にしてみました。 塗装はマヌ34の時と同じ失敗をしてしまいました。すなわ…

9040型(3)

土曜だけど、出勤。あまり工作できません。9040型のテンダーを進めます。上部の仕切り板をつけた後、難関のフレア部分をなんとか仕上げました。さらに、炭庫の部分を少しだけ(1mm)くぼませました。 実物写真をみると、晩年は炭庫前部、石炭取り出し口の…

9040型(2)

9040型1年前にエンジン部分はここまでできてました。モーターが少し斜めになっています。火室下部を取り外し可能にしてありますが、その内側を少し削れば水平になるかもしれませんね。

花巻電鉄 デハ3 デハ5

花巻電鉄はデハ3が鋼製車でデハ5が木造車でした。あまみやは両方のキットをだしていましたので、両方手に入れ走らせてます。前回アップした動画では、Yポイントのところで車体が何かにぶつかるような揺れが記録され、調べてみると、ポイント手前のカーブの…

農業倉庫

農業倉庫はかつて坂本衛氏がTMSに発表された作品をそのまま真似させていただいたもの。屋根の裏にチップLEDを置いて点灯化しました。 多摩地区で育った小生にはあまりなじみがありません。他地域に米を移出するほどの穀倉地帯ではなかったからだと思います。…

EF11 2

かつては中央線の旅客列車牽引のクイーン的存在だったEF11も、小生が鉄研に入ったころには、中央線、南武線などで貨物を牽引していました。テールライトもひっかけ式ではなく、埋め込まれてしまってます。 EF11のなかでも2号機が一番長生きしたと記憶してま…

B6の入替作業

このB6は実物同様、長生きです。確か1975年に未塗装キットを購入。TMSの記事に従って空制化。10年くらい前にギアボックス、ギア、サイドロッドを交換。動輪をイコライズ、モーターも横置きに改造しました(マシマ12mm)。さらにPFMサウンドも設置。燐青銅線…

9040型(1) テンダー

9040のテンダーを引き続き作業しました。テンダー床板の下の台枠は、当初横幅26㎜で作って失敗。単台車が異様に外側に出てしまいました。仕方なく、24.5㎜幅で作り直し。なお、ロストで作った単台車を入れるため、その部分は台枠をかきとり、床板につけると…

スハフ42

スハフ42がようやく復活。PFMサウンドの高周波トラップを組み込んで配線。テールライトの点灯はやりたかったけど、めんどくさくなって、元のニワの挽物パーツでお茶をにごしました。日光の台車は転がりがよくて大変気持ちがよろしい。重量も206gとまあまあで…

ワ1 3年前

本日は、塗装の日でした。スハフ42の下回り、トロリーの下回り、同車体のツートンカラーの1色目、といったところで他の用。 3年前の5月は貨車増備に勤しんでいたようです。写真は珊瑚のエッチング板から作ったワ1.屋根は重量軽減のため、H御大の家畜車にな…

6750型の引く列車

しばらく前から、40年くらい前に作った客車の軽量化を始めました。床板のアルミ化が主な改造点です。スハフ42(ピノチオ製キット)も対象車のひとつ。この車、できたときから天賞堂製TR47台車の転がりが悪く、また、軸受けをピボット用ドリルでさらっても改…

EF10 24

本日は、物置状態だった棚の整理とトロリーのプライマー塗装で一日が過ぎてしまいました。棚に放り込んでいた各種部品等を仕分けして、箱に入れ、ラベルを作って、などという作業は面倒なものの、時々やらないといけませんね。 EF10 24は戦後ステンレス車体…

南武線 1969年

1967年、小学5年生の時、初めてTMSを購入したのですが、そこに南武線4両編成(クモハ73+サハ17+モハ10+クハ16)の製作記事がありました。感銘を受け、早速、矢川~西国立間のカーブ(当時は畑だった)に見学に行き、記事通りの編成を確認しました。その頃は…

2等車の青帯

昭和36年の改正まで2等車は青帯でしたが、その青は戦前と戦後で色合いが違うようです。 写真の2-3等合造車は珊瑚の日本鉄道のもので、銀座の常緑店にあったジャンク品を復活させたものです。青帯は、マッハの塗料で戦後の2等車。 その隣のダブルルーフのナロ…

続 レイアウトの照明

一日中、電気工事で何とか主要な建物に灯りがつきました。久しぶりにレイアウトの下にもぐっての仕事ですが、物置状態なので、少しずつものをどかしながらスペースを作るのが何ともやっかいだったです。ふー。 あと、看板の類が全くないので、それらを整備す…

中央線のオハ35変形車

中央東線にはオハ35の張り上げ屋根車がいました。これは、高校3年の春(1974年)、学校の旅行で松本に行ったとき列車内から撮影したものです。上りの新宿行きで、確か、塩尻駅だったと思います。牽引機はEF64だったはずです。 この時の印象が強烈だったので…

給炭台の灯り

のろのろながら、レイアウトの照明工事が進展し、給炭台にも灯りがつきました。黄色のチップLEDを外灯のお皿につけただけで不細工なものですが、点灯するとまあまあ見られます。 給炭台は、高校生のころTMSの片野さんの記事に従って作ったもので、築40年以上…

80系湘南電車

昔から80系湘南電車が好きなのですが、ひいきの中央線東線とはほとんど関係ないのが残念でした。ところが、昭和50年頃、なんと甲府~松本間に投入されて活躍を始めました。パンタは折り畳み高さを抑えたPS23に取り換えられていましたが、もうそんなことはど…

6750型

6750型は、かつてKKCの4-4-0競作として手掛けたものです。TMS862号で記事を掲載していただきました。 なぜ6750型を選んだかというと、まず、4-4-0でも牽引力を確保するには、なるべく大型がいいだろうということです。では、同じような大きさの6700や6760で…

花巻電鉄のデハ

当鉄道のナロー線は、80分の1、9mmゲージであまみやのキットを組み立てた花巻電鉄の電車が2両在籍しています。モーターはイモンのものに交換しました。 現在、線路からの2線式集電ですが、架線集電も可能にしてます。ポールはカワイ製で先端のリールは自…

モハ32快走

中学鉄研に入っていろいろ教わり、旧型国電に目覚めたころ、実物雑誌でモハ32のことを知りました。高速運転プラス高級感のある横須賀線とは大違いの、のろくてぼろい中央線沿線の人間にとって、横須賀線電車は憧れの存在でした。それから約半世紀、わが鉄道…

レイアウトの照明

レイアウトの建物に照明を入れる工事を進めました。灯りがあると温もりが感じられますね。LEDの黄色を使い、スイッチング電源から得た12Vの直流を各建物に導いています。LEDには1kwの抵抗を直列に入れていました。 主要な建物に照明を入れるには、あと数日…

103系 近鉄特急旧塗装

2月に昔の鉄研仲間と関西に鉄ちゃん旅行にでかけました。小生のお目当ては、旧塗装の近鉄特急、相棒のお目当ては関西線を走る103系。1泊2日の旅行でした。それにしてもよく歩いたものです。運動嫌いの小生にとって、鉄ちゃん出撃はとっても健康にプラスなの…

マヌ34

スハニ35の1週間前に出場したのが、このマヌ34。昨年発売されたワールド工芸のキットを組み立てたものです。ワールド工芸の製品は今回初めて手がけました。エッチングの技術が小生の古い頭ではついていけないほど進歩したのがわかったのはよかったです。一…

スハニ35 はつかり色

Mogul工場の直近出場車は、はつかり色のスハニ35です。先週末に完成しました。 もとは、中古の天賞堂完成品。色をひっぺがし、乗務員ドアを木製化、ステップなども少々追加。大きな工事としては、オリジナルの床板および床下機器を廃棄し、アルミ製床板、プ…

4030型

鉄道模型や鉄道写真の楽しみを少しずつ書いてみることにしました。 写真の4030は、かつてのトビーの製品を何年か前に銀座の常緑店で仕入れ、まとめたもの。主な改造点は、ギアボックスを珊瑚のものに変更、モーターもマシマの12㎜のものに変換。第二動輪に偏…