モーガル(Mogul)工場日誌

80分の1、16.5mmゲージを中心とした鉄道模型工作

貨車

タラ100 (1)

切り出し KKC会員のN沢さんに大きな刺激をうけて、タラ100に再挑戦したくなりました。このところ、仕掛品撲滅運動が収束し、反対に、仕掛品拡大運動となっています。

ブレーキハンドル

工作 多摩地区の貨物輸送では、石灰石輸送が大きな比重を占めていました。青梅線、五日市線、八高線、中央線などを多くの専用列車が走っていたわけです。 車両は、戦後、確か、トキ15000→ホキ400→ホキ4200→ホキ2500といった変遷をたどったはずです。当鉄道に…

エンドウのワム70000

ワム70000 何の変哲もない貨車ですが、実はこれ、当鉄道の鉄道記念物です。1966年に立川の中武デパート内城山模型で買ってもらった、初めての模型のひとつです。 何年か前に塗装をはがしたら、ブリキ製ではなく真鍮製であることが判明。屋根や端面のプレスの…

タム200 (2)

タム200 タム200の形式図です。こちらは、上部が偏っています。タ1500と違って製造時からタンクの受け皿のような部品があり、タンクが動かないようになっていました。タ1500の方は明治時代の貨車のように、両端にタンクの動きを止める支えがありました。

タ1500 (2)

タ1500 タ1500の形式図です。これをもとに、簡単な模型設計図を書いて作ることになります。ゆうえんさんのブログで、模型を作るときに図面を書くかどうかということが提議されていました。過去に作例がない場合は、自分なりに簡単な図面を書く必要が出てきま…

タ1500 (1)

タ1500 戦前 タ1500 戦後 タム200は昭和7年製で、もう少し古いのがないかな、と思っていたら、タ1500というのがあり、昭和4年製です。 しかし、タ1500は同時代の揮発油用とは異なり、リベットが極めて少ないのです。古いTMSの記事にあった平野氏のタンク車は…

タム200 (1)

タム200 躁状態にあるわけではないのですが、いろいろ始めたい気分です。仕掛品を増やしたいわけではないのですが。 当鉄道には二硫化炭素工場があるので、二硫化炭素用の貨車が欲しいところです。それも、積み替えを考えると2両あるといいな、と思います。 …

ヨ1500の高周波トラップ

高周波トラップ SL1のブラスト音(シュッ、シュッ)は、高周波を線路に流し、車輪につけたコンタクトでオン・オフする仕組みによるものだそうです。ところが、効率のいいモーターや室内灯などがついていると、高周波がそちらの回路を通ってしまい、オン・オ…

ジェット燃料輸送

ジェット燃料輸送 自分が生まれ育った東京多摩地区の貨物輸送を特徴づけるのは、立川基地、横田基地向けの航空機燃料輸送と氷川等からの石灰石輸送でした。小生の子どものころ、米軍の燃料輸送をになっていたのはタキ3000で、15両以上の長い編成だったと記憶…

転がり改善工事(2)

改善工事完了 カブースの台車枠とボルスターの結合は1.7㎜の段付きネジでした。(その1つのねじ山が崩れ使えませんでした。)段付きネジではいいのですが、台車枠にストッパーがないため、そのままでは、ピボット軸の場合、車輪が外れてばらばらになり、使い…

転がり改善工事 (1)

ピボット軸受け スロハ32では、古い天賞堂ブランドTR23(Katoのドロップらしい)の転がりがよく、うれしい気分になりました。そうなると、当社でもっとも転がりの悪い韓国製カブースが気になってしょうがありません。いったいどうすれば、こんなに転がらない…

ホキ400

ホキ400 こちらはホキ4200より古いホキ400です。台車がアーチバーのTR20なのがうれしいところ。4200は奥多摩工業の所有だったようですが、400は国鉄所有です。 奥多摩からは通常16両編成で出発したようです。八高線に入る列車で9600が単機で牽引する場合は、…

ホキ4200

ホキ4200 いろいろやりたいことが多いわけですが、その一つに石灰石列車の編成があります。地元の多摩地区にはかつて日本最大の貨物出荷量を誇った氷川駅があり、青梅線、中央線、南武線、五日市線、八高線には毎日多くの石灰石列車が行き来していました。 …

タンク車

10t積のタ 今年もう一つ作りたいのは、古いタンク車です。写真のような明治時代のものよりもう少し新しいもので、二硫化炭素を運搬する、パイプの目立つものを手掛けてみたいと思っています。 なお、写真の車両は珊瑚のエッチング板から作ったもの。明治時代…

9046 (72)

カム交換後 偏心カムを交換しました。考えてみれば、前回9040の時も偏心が不足で、作り直しました。そのため、作り置きには2種類あって、より偏心している方を使えばいいのに、違うものを使ってしまったのが原因でした。 バルブロッド関係の工作を進めたので…

テスト・ウエイト車

テスト・ウエイト車 しばらく前に、コロラド鉄道博物館で撮影した不思議な貨車をご紹介しましたが、昨日届いたMRの裏表紙にそのHOの模型の宣伝が出ていました。かの地でも相当変なものが量産されているのですね。

音源車の候補

客車改造有蓋緩急車 コン様から貨車を音源車にする提案がありました。確かに、小型機でスピーカーを入れにくいケースがありますので、スピーカーを積んだ貨車があると便利です。 ところで、小生の採用しているPFMサウンドは集電に注意する必要があります。集…

テ600 (2)

以前作ったテ600 諸般の事情で全く工作できないので、以前作ったテ600の写真を撮ってみました。屋根の波板がひどいですね(エコーの波板をつないで利用)。明治時代の姿は波板の波がもっとずっと大きいものでした。この車両を作った後、ネットでどこかの鉄道…

ワキ1

アダチのワキ1000の一番古いタイプのベンチレーターの数を3つに減らし、ワキ1としました。実物は電池ボックスがなかったようですが、製作時には気が付かず、取り付けたままです。 ワキ1は山陰線で荷物車かわりに利用されていたそうです。C57 牽引の旅客列…

ヨ1500 客車改造車掌車

古典客車改造の車掌車も増備したい貨車のひとつです。写真は、1等客車を車掌車としたもので、トビーのジャンク品を復活させたものです。テールライトは点灯します。 DCC運転の時に使用すると、当鉄道のレンツは電圧が高いのか、PFMの高周波トラップに使って…

タサ700

しばらく貨車を作っていないので、今年は少し増備すべきかもしれません。確か44両くらいあるので、あと6両作れば50両の目標に到達します。 写真は何年か前に、珊瑚のタラのエッチング板で作ったタサ700です。ガソリン輸送用のタサ700には何種類かあったよう…

トフ

先日、このような国鉄型の凸型無蓋車は実際に存在したかどうか、お問い合わせをいただきました。 模型では、天賞堂が昭和30年代から長期にわたり、戦時設計のトムフ1を販売しましたし、『楽しい鉄道模型』には小田急のトフの製作法が掲載されたりと、凸型無…

A Tank Car

Loggingの続きです。先般ご紹介した”Railroads in the Woods”によると米国の森林鉄道ではタンカーが在籍してたそうです。これらは、トラック用の軽油を運んだり、森林火災時に消火用の水を運んだりしたそうです。積荷を降ろすために小さなスチームエンジンを…

ワム3500 (3)

ワム3500の3両目は、鉄道ホビダスというブランドの側板がロスト一体となったキットを組み立てたものです。 これが、一番簡単でしたが、問題は結構重いことです。天賞堂のワム50000改造が80g、Lazy Jackが83gに対して、これは111gもあります。ペーパー客車よ…

ワム3500 (2)

3両あるうちのもう一両のワム3500は、Lazy Jackのキットを組み立てたもので、これが一番古いものです。このキットにより、洋白エッチングは腰が強くて便利なことが理解できました。 それにしても、細密かつ繊細なキットで、小生の工作力ではちょっと無理筋で…

ワム3500 (1)

これは、天賞堂のワム50000を改造したワム3500タイプです。 小生の高校生時代くらいまでワム50000は結構活躍していたのですが、ワム3500はついに、見ることができませんでした。(実際には子供の頃見てたのかもしれませんが、当然識別できませんでした)また…

車掌車の修繕

夜中の運転お遊びをしていたら、突然SL1のブラストが消えました。SL1の故障か、と青ざめたのですが、いろいろ試した結果、原因はこの車掌車の高周波トラップ(03とよばれる回路)がおかしいための現象であることがわかりました。この車掌車が通電区間にない…

ト1

珊瑚模型店からト1のキットが発売され、本日届いた模型雑誌に製品の紹介が載っていました。記事では、この製品を戦前のト20000を戦後木体化したものとして説明していますが、それはちょっと違うと思いました。ト20000を木体化したト1は妻が山形ですが、珊…

チラ1

工作の進展があまりに遅いので、本日も2年前に作った貨車の話でお茶を濁します。チラ1というかわいい無蓋車です。これも、H御大の古いTMSの記事を参考に作りました。上板は、1mm厚の航空べニアです。腕がないので、ステーク受けにリベットがないのが残念な…

タラ100

2年前に完成したタラ100です。珊瑚のエッチング板を持っていたのですが、スケール通りのエッチング板だと曲線通過に問題があるかもと思い、H御大の昔の記事に従って、少し縮小した長さにしました。したがって、タンク本体は、真鍮板にリベットを打って丸めた…