Mogul工場日誌

80分の1、16.5mmゲージを中心とした鉄道模型工作

電車

クモハ73 (4)

クモハ73ですが、結局、偶数向きにすることにしました。このブログにも載せた自分が昔、矢川~谷保間で撮影した写真から、床下器具は通常の偶数番と同じ、山側に抵抗器等電気関係があることを確認しましたので、そのように取り付けました。 付属編成との連結…

クモハ73 (3)

クモハ73に前照灯を付けました。150WのLP42(珊瑚)です。 このクモハ73は南武線編成のために偶数番のつもりで作り始めました。偶数番は通常パンタからの母線が正面左側なのですが、「全盛期の国鉄車両」に南武線の偶数向きの車が1面写真で出ているページが…

モハ72 (4)

床下器具については、何年か前に立川のエンドウに行く機会があり、そこで仕入れたエンドウブランドのものを使ってみました。ソフトメタルの部品を1.2㎜ビスのセルフタッピングで止める方式です。 これまで、日光のダイキャストの床下器具しか使ったことがな…

モハ72 (3)

モハ72はケチってモーターを入れないつもりでした。しかし、MPのシステムにすると、11.5㎜径のスポークのプレーン車輪が必要なのですが、それは市場にないようです。 したがって、MPで11.5㎜径のスポークにするには電動化する必要があることがわかり、仕方な…

モハ72 (2)

シル、ヘッダーの続きで、その後ドア、さらに床板取り付け用アングルも取り付けました。アングルの取り付けには、最近、カツミの冶具を利用しています。 いつものことなのですが、どうも車体側板にアングルが密着しません。とりあえず、何か所か半田で止め位…

クモハ73 (2)

クモハ73の方は、下回りの台車、モーターの取り付けまで進んでいます。モーターはやや馬鹿でかいEN22です。モーターの性能は申し分ないものの、この大きさでは、抵抗器をうすっぺらくしなければならない、など外観の犠牲が大きいのも事実です。 自分はMPギア…

モハ72 (1)

ともかくキットやエッチング板で手を付けてしまったものを片付けたいと考えています。サハ48が生地完成になったので、電車はあとクモハ73とこのモハ72. 本来、シルとヘッダーは窓桟をつける前に取り付けるべきだったのですが、愚かなので、窓桟を先につけて…

クモハ73 (1)

室内灯準備ができオハユ61が生地完成となったので、次の仕掛品撲滅はクモハ73です。 上回りがだいぶできたので、アングルをつけなければなりませんが、下回りをMPにする関係でアングルの位置をチェックしました。 MPのボルスターと11.5㎜の車輪をはかせた下…

サハ48 (6)

諸般の事情で進みが遅いのですが、何とかサハ48を生地完成としました。幌をつけると、しまります。横須賀線以外幌なしだった戦前の東京の電車は、どうも残念な感じがします。

サハ48 (5)

サハ48のシートの取り付けです。アルミ板を11mm幅に切りだして車体のアングルに取り付けるためのネジを切り、また、床板取り付けネジにあたる部分を2.5mmドリルで穴開けしておきます。 シートは昔からあるカツミのものです。いつもながら、端のクロスシート…

クハ76 300番台

中央東線には全金属のクハ76が2両いました。1両は有名な火災からの復旧でTR34をはく351ですが、もう一両は正統派の全金属車でした。 模型はピノチオの中古キットを組み立てたものです。椅子はエンドウのものですが、つや消しの色を塗るべきでした。

モハ32

かつてのスカ線の王者モハ32です。17mの電動車が20mの付随車を従えるのは、機関車列車のような雰囲気です(言いすぎか)。PS2型バンタ、DT11台車などにも特徴があります。大変ありがたいことに、Mr.Hが買いそびれたPS2を供給してくれて、もう一台作ることが…

モハユニ44

モハユニ44は、身延線で長く活躍したことが有名ですが、もともとは横須賀線を走る高速電車だったわけです。久保敏氏の写真集に、1951年富士電車区で撮影されたスカ線色の姿があります。当時の身延線はブドウ色ですから、横須賀線からの転属直後のものと推察…

サハ48 036

これも以前作った車両で、第一次流電のサロハを格下げしたサハ48です。実物は、戦後茶色になって阪和線で活躍し、その後、クハに改造されて飯田線に行きました。したがって、このようなスカ色で活躍することはなかったわけです。 模型は、中古の谷川の流電の…

サロ45

以前に作ったサロ45です。昭和25年頃の姿で、トイレの設置はまだです。また、青帯の上に細い白線も入っていないころです(もちろんその方が作りやすいからですが)。 室内灯は設置していませんが、シートは取り付けました。 このころの32系電車は屋根上のス…

サハ48 (4)

妻面の竪樋を半田付けしました。外側から真鍮線と割ピンを止め、その後、車体内側から割ピンの出っ張り部分に半田を流すのですが、1か所、半田をつけすぎて竪樋と妻面の間が半田で埋まってしまいました。これを除去するのに、結構時間を使ってしまいました。…

サハ48 (3)

車体に妻板側の雨どいを取り付けなければなりません。いさみやの0.7㎜の割ピンを使います。穴は0.5㎜で開けた後、0.6㎜に広げました。このほうが割ピンがスムーズに入ります。 ニッパーはメリーのもの。ピンバイスは古いのは今は亡きNIWAのもの、新しいのは…

サハ48 (2)

9040型が一段落したので、その他の仕掛品に取り掛からなければいけません。サハ48の床下にとりかかりました。床板の両端に幅7.7㎜の切れ込みを入れ、0.8mm真鍮板から作った連結器を設置する板を止めます。アルミだとねじ山が壊れやすいので、この部分は真鍮…

クモハ73 原形 奇数

クハ79の相棒は、クモハ73の原形の奇数番です。これもカワイの車体から仕上げたもの。動力は片側台車のインサイドギアです。 南武線の増結編成は2両のクモハ+クハで基本編成の4両の立川方に連結されていました。運用区間は川崎と稲城長沼の間でしたから、立…

クハ79 100番台

モハ63で資材不足のため無電装で出場した車です。このため、クハですが台車はモハ用のDT13で車輪も910mm径。ほとんどが偶数車だったようです。 南武線の川崎方は奇数なので、基本編成が20m化したあとは、クハ79の比較的新しい車が入っていました。このため、…

17m時代の南武線(4)

立川側から2両目のサハは17の200番台、すなわち元31系です。 31系はしっかり作られていたのでしょうか、他のサハ17が廃車になった後も活躍していました。むかし、雑誌「鉄道ファン」が「省線電車の走るところ」という連載記事を掲載し、1970年1月号で南武線…

17m時代の南武線(3)

川崎側から2両目はモハ10です。これもフクシマのキットを組み立てたもの。 自分が意識してみたのが1967年、翌年には消滅した形式ですから貴重な思い出です。南武線には山手線から流れてきたようです。 それにしても、このような地味な車両のキットが発売され…

17m時代の南武線(2)

川崎側はクハ16の400番台です。フクシマのキットは自分にとってちょっと高価でしたが、気持ちよく組め、実物の雰囲気をよくとらえている素晴らしいものでした。ヘッドライトとテールライトは点灯化しています。 室内灯は省略。内張はラシャ紙でカツミの緑色…

17m時代の南武線(1)

南武線は戦後早い時期に国鉄の17m級国電が投入され、社型の車両が駆逐されました。その後、南武支線が新性能化される昭和50年まで17m車の活躍が続いたわけです。 小生が初めて買ったTMSは1967年6月号で、当時小学校5年生。そこには南武線のペーパー車両の記…

サハ48

サハ48は、この秋に塗装までもっていきたい車両のひとつです。ひかり模型のジャンクの車体を組み立てたもので、シル・ヘッダーはエコーの製品を使いました。妻板はどういうわけか下辺が直線だったので、側板に接するところを斜めに削っています。 台車と車輪…

クモハ73+クハ79 (カワイ)

実は、当鉄道にはすでにクモハ73が在籍しています。これは、カワイの生地車体をクハとともに入手して数年前に仕上げたもので、動力は古典的なインサイドギアを使っています。 子供の頃、カタログでカワイのクモハ73をみて、ちょっと実物と違う感じ抱いたので…

クモハ73 (2)

クモハ73のパンタ母線(0.6mm線)、空気管(0.3mm線)をつけました。屋根上はエンドウのエッチング抜きの台、前面はいさみやの割ピンでそれぞれ止めました。 結構時間のかかる作業であります。 今回実物写真を眺めて気づいたのは、クモハ73の偶数向きには母線が…

クモニ13(モハ34改造)

モハ34を改造したクモニ13は、学生時代よく見かけました。各駅に新聞を配達するのが仕事だったようです。自分になじみのあったのは中央線で、夕刊を配達する時間が下校時間と重なっていたのでしょう。そんなこともあり、フクシマがキットを発売した時に入手…

クモハ73 (1)

久しぶりに電車の工作。数年前から始めた仕掛品撲滅運動の結果、電車の仕掛品は3両までに減りました。そのうちの1両がこのクモハ73です。この週末に運転室まわりの手すりとパンタ台を設置。ようやくそれらしき雰囲気がでてきました。南武線編成の立川よりの…

トラム

土曜日ですが、諸般の事情で全く工作できません。そこで、今週ようやく完成に至ったトラムについて語ります。 下回りは、カワイがすでに台車の販売を終了?しているので、いただきもののロストワックス部品(山形交通?)の軸距離を32mmに縮小して利用しまし…