Mogul工場日誌

80分の1、16.5mmゲージを中心とした鉄道模型工作

電車

クモハ73+クハ79 (カワイ)

実は、当鉄道にはすでにクモハ73が在籍しています。これは、カワイの生地車体をクハとともに入手して数年前に仕上げたもので、動力は古典的なインサイドギアを使っています。 子供の頃、カタログでカワイのクモハ73をみて、ちょっと実物と違う感じ抱いたので…

クモハ73 (2)

クモハ73のパンタ母線(0.6mm線)、空気管(0.3mm線)をつけました。屋根上はエンドウのエッチング抜きの台、前面はいさみやの割ピンでそれぞれ止めました。 結構時間のかかる作業であります。 今回実物写真を眺めて気づいたのは、クモハ73の偶数向きには母線が…

クモニ13(モハ34改造)

モハ34を改造したクモニ13は、学生時代よく見かけました。各駅に新聞を配達するのが仕事だったようです。自分になじみのあったのは中央線で、夕刊を配達する時間が下校時間と重なっていたのでしょう。そんなこともあり、フクシマがキットを発売した時に入手…

クモハ73 (1)

久しぶりに電車の工作。数年前から始めた仕掛品撲滅運動の結果、電車の仕掛品は3両までに減りました。そのうちの1両がこのクモハ73です。この週末に運転室まわりの手すりとパンタ台を設置。ようやくそれらしき雰囲気がでてきました。南武線編成の立川よりの…

トラム

土曜日ですが、諸般の事情で全く工作できません。そこで、今週ようやく完成に至ったトラムについて語ります。 下回りは、カワイがすでに台車の販売を終了?しているので、いただきもののロストワックス部品(山形交通?)の軸距離を32mmに縮小して利用しまし…

飯田線のクモハ42

ティーンエージャーの頃は、もっぱら電車ファン、とりわけ旧型国電ファンでした。いつもへそ曲がりなので、当時のSLブームに乗りたくないという気持ちと、ペーパーで模型を作りやすい(これなら自分にできる)という事情が影響したものと、わがごとながら、…

カワイの路面電車と9040型テンダー

本日の成果物は、このトラムの塗装と9040型テンダーの縁取り。 トラムはいさみや店頭にできた架線集電レイアウトで遊ぶためのもの。カワイの路面電車の腰板を1mmほど縮めて神戸市電風にしてみました。 塗装はマヌ34の時と同じ失敗をしてしまいました。すなわ…

80系湘南電車

昔から80系湘南電車が好きなのですが、ひいきの中央線東線とはほとんど関係ないのが残念でした。ところが、昭和50年頃、なんと甲府~松本間に投入されて活躍を始めました。パンタは折り畳み高さを抑えたPS23に取り換えられていましたが、もうそんなことはど…

モハ32快走

中学鉄研に入っていろいろ教わり、旧型国電に目覚めたころ、実物雑誌でモハ32のことを知りました。高速運転プラス高級感のある横須賀線とは大違いの、のろくてぼろい中央線沿線の人間にとって、横須賀線電車は憧れの存在でした。それから約半世紀、わが鉄道…