Mogul工場日誌

80分の1、16.5mmゲージを中心とした鉄道模型工作

EF11 2

f:id:Mogul:20170509193212j:plain

 かつては中央線の旅客列車牽引のクイーン的存在だったEF11も、小生が鉄研に入ったころには、中央線、南武線などで貨物を牽引していました。テールライトもひっかけ式ではなく、埋め込まれてしまってます。

 EF11のなかでも2号機が一番長生きしたと記憶してます。とうとうまともな写真がとれずに終わってしまいました。中央線の立川~日野の鉄橋を夕方、長い上り貨物を牽引して過ぎ去った姿が目に焼き付いてます。

 写真は1969年、南武線の谷保~分倍河原間です。青梅線に入るホキの列車です。EF11は拝島までしか入れませんでしたから、多分、この先、西国立で機関車交換したものと思います。西国立では同じED16同士で機関車交換することもありました。

 模型では、その昔、自作をあきらめて天賞堂の完成品を購入しました。テールライトが晩年の埋め込みなのが大いに不満ですが、仕方ないですね。当鉄道では旅客を牽引してます。

 

www.youtube.com

 なお、9040、テンダーの排障器、KDカプラー取り付け台を設置。排障器は1回作り直しました。図面を引かずに行き当たりばったりで作るから、失敗するんですね。