Mogul工場日誌

80分の1、16.5mmゲージを中心とした鉄道模型工作

B6原形

f:id:Mogul:20170516214745j:plain

 当鉄道に3年前に登場したB6原形です。中央東線の歴史を調べると、八王子以遠甲府までの主力機関車は、電化前、B6→9600と変化したようです。その、大昔の雰囲気を味わいたくてキットを購入しました。

 キットをほとんどそのまま組み立てただけですが、ウエイトの補充はがんばり、重量327g。売りは燦然と輝くスチームドームとチムニーキャップです。これは、Mr.Needleが珊瑚の金メッキ部品を届けてくださったもの。当社社長は、親切な仲間にめぐまれてますね。 

 塗装があれてしまい、いつか塗りなおしてみたいと考えてます。乗務員は菜っ葉服ではなく、ちゃんと詰襟。といっても単に服を黒く塗っただけですが。菜っ葉服は戦後のものと聞いたことがあります。

 4030型よりも牽引力はあり、昨日の20両編成貨物列車は楽々と牽引します。なお、B6は従輪を前に、すなわちバック運転を基本にしていましたので、模型でもそうありたいものですね。

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com