Mogul工場日誌

80分の1、16.5mmゲージを中心とした鉄道模型工作

クモハ73とオハユ61

f:id:Mogul:20170702213730j:plain

 工場日誌というタイトルのブログなのに、工作の話が少ないのは我ながらけしからんことです。もっとも全く工作してないわけではないのですが、このところ、諸般の事情で、カメさん度合いがひどくなってます。

 5月に心を入れ替えて9040を再開したのですが、テンダーがほぼできたところで、キャブの寸法でちょっと悩み始めました。グラフ用紙に絵を描いてみたのですが、どうも、うまく空制化後の鋼製キャブの雰囲気がつかめません。

 そんなこんなで、仕掛品撲滅運動の一環としての電車、客車に手を出してしまいました。キットの仕掛品残高として、電車が3両、客車も3両です。

 クモハ73は前面の手すり、サボ入れ、雨樋などを追加。オハユ61は昔の中央線ものですが、テールライトのケース(内側で光が漏れないようにパイプを設置)の工作など。ちなみに、この2両、同じ20m車で模型のメーカーも実質同じところなのに、この段階で車体の重さを量ったら、オハユが120g、クモハが90gでした。

 車体の板厚がオハユが0.4mm、クモハが0.3mmです。模型の使い勝手からいうと、客車の板厚が0.3mm、電車が0.4mmと逆にしてもらったほうがいいように思った次第です。