Mogul工場日誌

80分の1、16.5mmゲージを中心とした鉄道模型工作

9040型 (21)

f:id:Mogul:20170729202031j:plain

 ピストンロッド可動化の工作の続き。作動棒の両端のクランクは0.6mm厚の洋白板に2.5㎜間隔でΦ0.6mmとΦ0.9mmの穴をあけて作りました。0.6mm穴に入る棒は、昨日の1.2mm真鍮線を段付きにしたものです。これにシリンダー弁室に向かうロッドを取り付けるため、0.5mmの穴をあけなければなりません。最初の1個はすんなりと行きました。2個目の穴をあけようとしたらドリルの先が折れてしまいました。

 それでは、と段付き棒を作り、また1.2mm径の部分の中心に0.5㎜穴をあけると、またもやドリルの先がおれる。これをなんと5回繰り返し、ドリル5本をお釈迦にしました。おーーーー悔しい!

 ここまできて、ようやく、引き抜き真鍮線を使うからいけないんだと思い至り、6mm真鍮棒から1.2㎜真鍮棒を挽き出して作ってみたら、あっさり0.5mm穴があきました。

 段付き棒をクランクにかしめるのも何度か失敗。

 挙句の果て、組み立ててみると、何と偏芯カムの偏芯不足でクランクの動きが0.3mm程度しかないことが判明。偏芯カムを作り直さなければなりません。

 自己肯定感ほとんどゼロの一日でした。