Mogul工場日誌

80分の1、16.5mmゲージを中心とした鉄道模型工作

機関支区

f:id:Mogul:20170616221519j:plain

 機関支区の入庫線に沿って、油倉庫、燃料班詰所、給炭台があり、出庫線には、乗務員休憩所、風呂場、事務所があります。

 これらの建物は、おそらく昭和初期の鉄道省の設計なのでしょうが、当時の一般的な建物と比較して窓が大きく明朗な感じがします。

 休憩所の横に布団干しを置きましたので、そのうち、布団を干そうかと考えてます。