モーガル(Mogul)工場日誌

80分の1、16.5mmゲージを中心とした鉄道模型工作

カワイの80系 (1)

鉄研の先輩からのおさげ渡しのクハ86です。このほかモハ80とサロ85があります。カワイのクハ86は垂れ目で、ちょっと実物と感じが違うので、KSのお面と交換しようと考えていたのですが、車体幅が34㎜と1㎜狭く取り付け不可が判明しました。 じたばたしないで…

猫屋線のセット

KKCの会員のご厚意で猫屋線のセットを入手することができました。当鉄道の軽便線は長らく花巻電車2両のみでしたが、ようやく新車が入りそうです。電化されているので、イベント列車用か? いずれにしろ、80分の1のキットはありがたいです。ナローでは87分の…

モーガル競作 (144) 7400型

ようやく完成しました。完成間際にショートでスピーカーを破損、奮発して買い置きのシュガーキューブスピーカーに変更したら、音が非常によくなりました。当社初の色物の蒸気機関車となった次第です。 youtu.be

モーガル競作 (143)  7400型

米国から移民の機関士、火夫は、せっかくおしゃれな服を、すべて日本仕様の黒ずくめに変更されてしまいました。火夫は、短足化の手術まで受けています。 大好きな(反語)窓セル貼りも実施。 さらに、チップLEDを前照灯に装着、配線も済ませました。機炭間の…

モーガル競作 (142)  7400型

代り映えのしない写真ですが、メインロッドとクロスヘッドのセットをいさみやのメッキ液でメッキして取り付けました。ドローバーはまさかの黒染め液に約1か月放置。錆を落として黒染めをやりなおしました。 試運転はまずまずです。大失敗はバルブロッドの動…

モーガル競作 (141) 7400型

下回りの組み立てを始めました。

モーガル競作 (140) 7400型

塗分けはこんな形になりました。FloquilはいただきもののGlazeを入れたのですが、それでも、まだ艶が出ませんでした。かなり大量にいれないといけないようです。 この段階でまさかの、汽笛引き棒が折れるという事故が発生。0.3㎜真鍮線で作り、やすり掛けで…

モーガル競作 (139) 7400型

結局、ボイラーを緑色にすることにしました。コロラド鉄道博物館に動態保存されている機関車をまねた塗分けにしようとしています。緑色は、手持ちのFloquilのCoach Greenですが、もうすこし濃い緑の方がよかったかもしれません。 それにしても、塗分けは大変…

ナハフ10 (13)

PFM対応の#03を挿入し、配線が完了。ようやく完成しました。ただし、尾灯の反射板をそのうち取り付けてみたいところです。 ED16とC12で試運転。 床板をアルミにしたり、床下器具を型取りしたプラにしたり(N沢さんにお世話になりました)軽量化に努めたもの…

ナハフ10 (12)

大好きな(反語)窓セル貼りの後、2年前に作っていた室内灯、テールライトを取り付けました。 テールライトはいさみや店頭で名人のYッシー氏に教えていただいた方法です。すなわち、明かり漏れ防止のパイプの内径に入る木の丸棒を誂え、1cm程度の長さに切り…

ナハフ10 (11)

未塗装完成を記したのが2018年8月5日。2年たってようやく塗装しました。ナハ10のキットが2両あるので、一緒にと思っていたのですが、いつになるかわからないので、先行して完成をめざします。 Hゴム等をシロと銀のポスカで書いたのですが、どうもうまくいき…

モーガル競作 (138) 珊瑚の8620、鉄道模型社の8620

モーションプレートを取り付けました。珊瑚のパーツがあったので、鉄道模型社の方も同じものです。 諸般の事情で牛歩、まあ、それでも良き哉。余は下手だからゆっくりやった方がいいのかも。

カツミのC12 (11)

このブログに既に出ているカツミのC12ですが、そろそろ塗装しないといけません。30年近い眠りからさめてくれるといいのですが。 C11やC12の模型(既製品)は、たいていキャブの窓が閉じています。その他の制式機関車は窓を開けて製品化されているのに、どう…

カワイのクハ153 (7)

諸般の事情でほとんど工作が進んでいません。床下器具はカツミのプラ製品(280円也)。連結面側にはエンドウのドローバーを設置。 このシリーズは昭和40年代の模型ということで、室内はやめにするなど、ともかく簡単に片づけようと思います。

モーガル競作 (137) 鉄道模型社の8620

下回りは珊瑚のキットに準じた内容にする方針ですので、キットに入っていたのと同じパーツを自作して、追いかけます。鉄道院が8700や8850のコピーを作ったのと似たような気分か?

モーガル競作 (136) 珊瑚の8620 鉄道模型社の8620

台枠の工作を進めます。珊瑚のキットの方で、ブレーキ引き棒受がドロップ製のパーツだったのでびっくりしました。昭和の香りです。昔のキットから使い続けているのでしょうか。

イワタのエアブラシ

イワタの丸ぶきを購入したのと同じころ、イワタのエアブラシも購入しました。 先日このエアブラシを使って少しだけ室内で塗装を進めたのですが、コンプレッサーを日東のものに替えたため、風量が多くなり、より使いやすくなりました。コンプレッサーの音もタ…

モーガル競作 (135) 7500型

台枠の検討を始めました。実物の台枠上辺の高さをそのままにすると、軸箱上に1.5mm程度の幅しかとることができません。少し上辺高さをあげようと考えています。 9040、9046の時は軸箱なしだったので気づきませんでした。7400型はかろうじてイコライザーを入…

昭和40年代の南武線の雰囲気を楽しむ

youtu.be 作るのも楽しいですが、鉄道模型は動かしてこそ楽しめるというのも真実だと思います。ぐるぐる回りが面白いの?と聞かれることもありますが、余は単純な頭なので、面白いのです。 かつての南武線は旧型国電だらけでした。自分がひとりで利用し始め…

カワイのクハ153 (6)

0.5㎜板でスカートを作り、床板にネジ止めしました。屋根上にはエンドウの押込み型ベンチレーター用の穴をあけて仮置きしてみたところです。日光の台車の転がりがよく、その点は気持ちいいですが、後は意地で作ってるような感じになってます。

モーガル競作 (134) 珊瑚の8620

テンダーの組み立てがほぼ終わりましたが、PFMサウンドの設置工事が残ってます。 前方のステップは、取り付け部の奥行を短くしておく必要があります。小生はピンを植えて半田付けした後に気が付き、モーターツールで削ったので、結構手間取りました。

モーガル競作 (133) 珊瑚の8620

テンダー台車は軸箱、イコライザー、バネ受けが別々のロストワックス部品です。立体感があっていいものの、半田付けは結構手間がかかります。お師匠さんがクラブの会報で、これなら一体でロストにした方がいいとおっしゃってましたが、自分もそう思いました。…

モーガル競作 (132) 珊瑚の8620

ほとんど変化のない写真ですが、珊瑚のLP42を設置しました。台は0.4㎜板から切り出し、キットにもともと開いていた穴に差し込んだものです。 諸般の事情で牛歩ですが、まあ、良き哉。

モーガル競作 (131) 珊瑚の8620

テンダー背面にテールライト掛けを設置しました。キットはエッチングのパーツを穴に差し込む仕様ですが、それを排して、0.8㎜板の板厚を正面に見えるような形に切り出しました。0.5㎜真鍮線をピンとして埋め込んでいます。

カワイのクハ153 (5)

カワイのクハ153ですが、前部ドアから先を自作して、さらに小高のお面を取り付けたため、いろいろ調整が必要です。小高のお面はわずかにカワイの車体幅より広く、そこがつらいところです。 軽井沢のお師匠さんから、やすり掛けは大きなヤスリがいい、教えて…

サンゴパーツ(旧珊瑚模型)

仕事帰りに1年ぶりで珊瑚に行ってきました。電話番号や営業時間がわからなかったのですが、お店の許可を得て、上記のとおり写真メモをとってきました。 なお、8月はお休みするかもしれないので、来店する場合は、電話で確認した方がいいとのことでした。

モーガル競作 (130) 珊瑚の8620

前面手すり、ハンドブレーキ、背面はしご等を取り付けました。ハンダをつけすぎて、キサゲ作業に時間を取られすぎてます。

イワタの丸ぶき

塗装のガンは、数年前に故T木さんに勧められてアネスト・イワタのものを購入しました。丸ぶき、ノズル径0.4㎜のものです。確か、カップと本体は別々に購入したと記憶してます。現在のカタログを見ると、LPH-50 042Gのようです。

モーガル競作 (129) 7400型

窓をニス色(マッハの南海電車用)に塗りました。ボイラーを緑色にしたい誘惑があるのですが、かなり塗分けがめんどくさそうです。

位相合わせ

蒸気機関車をいじくりだすと、どうしても、動輪を分解しギアを抜き出し、位相を合わせて元に戻すという作業が必要になります。 30年くらい前初めてこうしたことに手を出し、その際に米国の模型店からPullerとQuartererという工具を購入しました。 Pullerはい…