モーガル(Mogul)工場日誌

80分の1、16.5mmゲージを中心とした鉄道模型工作

モーガル競作 (75)

f:id:Mogul:20200329142608j:plain

ボイラーサドル

 あゆみ板を取り付けて、ボイラーサドルで上下を連結したら、なんとセンターが狂っていることが判明。サドルの工作がいい加減でした。

 仕方がないので、サドルの部分を作り替え。途中でボイラーバンドが外れたり、四苦八苦しながら、何とか形になりました。車高も調整。

 

モーガル競作 (72)

f:id:Mogul:20200326205403j:plain

キャブ工作続く

 恐縮ですが、同じような写真が続きます。キャブ屋根は0.4㎜厚で作り替えようかとも思ったのですが、すでにキャブの寸法を間違えて1mm程度高くなっているので、とりあえず0.3㎜で工作を進めました。キャブにピッタリはまるように作るのは、なかなか大変です。

モーガル競作 (71)

f:id:Mogul:20200325233738j:plain

キャブ屋根

 キャブ屋根を作り始めました。最初は0.2㎜の洋白板で作ったのですが、どうもペラペラ感が大きすぎて0.3㎜の真鍮板に換えました。前後に0.6㎜の中敷き風の板を置き、取り外し式にしてあります。0.4㎜の方がよかったかもしれません。

モーガル競作 (70)

f:id:Mogul:20200324232605j:plain

キャブ後妻

 キャブの後妻は写真も図面もないのでわかりませんが、『明治の機関車コレクション』にある7200の後妻を参考にして、適当に作りました。0.3㎜厚板の2枚張り合わせです。