モーガル(Mogul)工場日誌

80分の1、16.5mmゲージを中心とした鉄道模型工作

エンドウのモハ152、153 (5)

 2年ぶりにエンドウのモハ152です。故T木さんには、資料のほか床下器具まで提供いただきました。153系のモハは基本的に101系に準じる床下器具なので101系用が利用できるとのことでした。モーターもMT46というほぼ同じもので歯車比がことなっていたようです。

 諸般の事情で7月初めまでブログの更新ができそうにありません。

カワイのモハ152、153 (12)

 約1年ぶりに153系にもどります。あまり手をかけるつもりはないのですが、パンタの引き込み線(母線と空気線)くらいはつけようか、と作業をしました。それぞれ0.6㎜と0.4㎜線ですが、もっと細い線の方がいいかもしれません。

 エンドウのモハ152もMPギアとEN22にするつもりだったのですが、EN22の供給が途切れそうなので、電気機関車用に確保したくなりました。そうなるとこのカワイのモハ152を機関車並みにウエイト補充し、7両編成を1Mで走行させてはどうかと考え始めたところです。果たしてうまくいくか?

アダチのホキ400 (11)

 6両目ですが、まだこの状況です。1日1両できるといいのですが、とてもとても。ハンダづけが下手なため、キサゲにかなりの時間を取られてしまいます。これを含めてあと5両。ホキ4200・4700もあと9両。。。。

 これまでに完成した5両を8620に牽引させていますが、ここは八高線風に9600が欲しいところ。9600も何とかしないといけません。その前に、仕掛品のSキャブ8620、7500、A8の3兄弟、B6、青梅線2両編成、伊東線4両編成、ED56、カワイの153系7両・・・・・・嗚呼。

オハユニ61 (14)

 後部のテールライトは部品を切らしていたので、購入しました。ところが、品番は同じなのですが、以前購入したものには反射板がついていましたが、今回のものにはついていません。仕方がないので、削り出し。

 反射板は確か昭和42年頃(1967年)に廃止されたと思いますが、それ以前はついていて、結構目立つ存在です。