Mogul工場日誌

80分の1、16.5mmゲージを中心とした鉄道模型工作

クモハ73 (4)

f:id:Mogul:20171123202028j:plain

 クモハ73ですが、結局、偶数向きにすることにしました。このブログにも載せた自分が昔、矢川~谷保間で撮影した写真から、床下器具は通常の偶数番と同じ、山側に抵抗器等電気関係があることを確認しましたので、そのように取り付けました。

 付属編成との連結を夢見て、前面のカプラーはカツミのエースにする予定なので、胴受けは省略します。

 避雷器、ライトの点灯、運転室仕切り、運転室下の元空気ダメなどを工作すれば、ほぼ生地完成になりそうです。

クモハ73 (3)

f:id:Mogul:20171122224558j:plain

 クモハ73に前照灯を付けました。150WのLP42(珊瑚)です。

 このクモハ73は南武線編成のために偶数番のつもりで作り始めました。偶数番は通常パンタからの母線が正面左側なのですが、「全盛期の国鉄車両」に南武線の偶数向きの車が1面写真で出ているページがあり、その母線が右側なのです。その写真に影響されて、母線を奇数番と同じ右側につけてしまいました。自分が昔撮影した南武線の写真にも偶数向きで両方の例が見られます。

 ここから、悩みが始まりました。床下器具は通常の偶数番と同じなのか、奇数と同じなのか、車両番号は偶数なのか奇数なのか。

 素直に偶数むきの定番にしておけばよかったです。もう1両キットをもっているので、そちらを偶数向きにして、これは奇数番にするという考え方もあります。でも、そうするとまた仕掛品ができてしまいます。

 うーーーーー。悩みます。(どうでもいいことかもしれませんが)

 初瀬春日さんにコメントしていただいたように、方向転換という可能性もあるでしょう。しかし、実物写真をあさっていくと、奇数番で奇数向きなのに母線が左側という例もあります。その車の床下は通常の奇数番と同じでした。標準化されていたはずの旧型国電も、結構わからないことが多い、ということがわかりました。

モハ72 (4)

f:id:Mogul:20171121233124j:plain

 床下器具については、何年か前に立川のエンドウに行く機会があり、そこで仕入れたエンドウブランドのものを使ってみました。ソフトメタルの部品を1.2㎜ビスのセルフタッピングで止める方式です。

 これまで、日光のダイキャストの床下器具しか使ったことがなかったので、新鮮です。ソフトメタルにはちょっと抵抗があったのですが、ビス止めできるのはありがたいと思いました。

モハ72 (3)

f:id:Mogul:20171120230804j:plain

 モハ72はケチってモーターを入れないつもりでした。しかし、MPのシステムにすると、11.5㎜径のスポークのプレーン車輪が必要なのですが、それは市場にないようです。

 したがって、MPで11.5㎜径のスポークにするには電動化する必要があることがわかり、仕方なく、モーター用の穴を床板にあけました。

ディーゼル・スウィチャー

 

f:id:Mogul:20171119202357j:plain

 鉄研の先輩からいただいたディーゼル・スウィチャーです。たぶん1960年台の製品でつぼみあたりかなと推測しています。

 モーターはカツミのDV130 と思しきもので、位置関係から平ギアで縦軸をずらし、そこからウォームで後軸を駆動、ロッドで前軸に伝動しています。

 塗装したいのですが、何色にしたらいいですかねぇ。 

 

モハ72 (2)

f:id:Mogul:20171118220805j:plain

 シル、ヘッダーの続きで、その後ドア、さらに床板取り付け用アングルも取り付けました。アングルの取り付けには、最近、カツミの冶具を利用しています。

 いつものことなのですが、どうも車体側板にアングルが密着しません。とりあえず、何か所か半田で止め位置をきめた後、ピンセットでアングルを車体に密着させながら半田を流していきました。

 幌枠が一つしか見当たらないので、エンドウのソフトメタルのパーツを利用しようかと思ってます。

 ぱっとしない地味な電車ですが、自分で作ると、それなりに愛着がわきます。

 

青梅線 1973年 軍畑

 

f:id:Mogul:20171117232639j:plain

 高校2年生の秋、青梅線に撮影に行ったようです。(あまりよく覚えていない) 軍畑の鉄橋はこの時、まだ、架線を上からつる方式で、ポールは立っていません。

 先頭がクハ79で4両貫通です。17m車の2両編成の組み合わせで4両が組まれていた時代が懐かしいなあと思いつつ写真を撮ったわけですが、今となると、この20m貫通編成も懐かしくなるわけです。