Mogul工場日誌

80分の1、16.5mmゲージを中心とした鉄道模型工作

9040型 (37)

f:id:Mogul:20170818232036j:plain

f:id:Mogul:20170818232112j:plain

 先台車を取り付けました。復元は0.25mmの燐青銅線です。このバネの取り付け板は0.3mm厚の板で、0.8mmの真鍮線を動輪押え板に差し込む方式でバネが動かないようにしました。

 明日から月曜日まで、諸般の事情で更新をお休みします。

9040型 (36)

f:id:Mogul:20170817203550j:plain

 キャブの屋根にハッチをつけました。原形は上に向かって開くタイプですが、空制化後の9040の写真をみると、スライド式のように見えます。0.3mmの洋白板で囲いとレールを作り、0.2mmの洋白板で蓋を作りました。

 次に先台車に取り掛かりました。0.5mm真鍮板から切り出し、車輪押さえ板は0.3mm真鍮板です。先台車の車輪中心とボルスターの距離は、理論上は25mm程度になるようですが、動輪押え板の前方に取り付けるため、19mmとしました。

9040型 (35)

f:id:Mogul:20170816211336j:plain

 キャブ内部にロスト製のインジェクターを左右に設置し、側板にアングルをつけて椅子としました。そのほかは、思い切って省略。その分ウエイトを積もうと思ってます。

 屋根板には裏側に仕切り板をつけ、後部妻板から1㎜ビスで固定するようにしました。屋根板は、中央部はローラーで曲げましたが、両端は万力に銜えたうえで手でエイヤッです。側板との隙間がなくなるように調整するのが面倒でした。

9040型 (34)

f:id:Mogul:20170815194436j:plain

 キャブの屋根を作り、仮置きしてみました。ついでに9.5㎜の車輪をシリンダーの前において、全体の雰囲気の確認です。

 隣に4030と15t積み貨車を置いてみましたが、キャブの低さが際立っています。4030が堂々とした機関車に見えます。

9040型 (33)

f:id:Mogul:20170814191139j:plain

f:id:Mogul:20170814191225j:plain

 本日はお休み。一日中引きこもり状態で工作です。キャブ側板に裏打ちします。次に、キャブ内のボイラーを延長、ロストの米国型用バックプレートを設置。

 ここで、キャブ床板にかきとりを作らないと、モーターが入らないことに気づき、鑢掛けで対応しました。またもや力ずくです。

 キャブ側板を床板に半田付け。キャブ内には座席とか逆転器とか、もう少しディティールを入れたほうがいいかもと思い、後部妻板はまだとりつけていません。

 火室下部とボイラーの境にランニングボードを設置。0.6mm板を利用しました。

 キャブの形状がどうも、実物と違うようです。もう少し縦長のような感じですが、ここまで来たら、作り直しはしないで進みます。

 

 

9040型 (32)

f:id:Mogul:20170813214127j:plain

  キャブの前妻に各種パイプを差し込むための穴をあけ、窓もきりぬきました。側板は窓の位置が気に入らず、作り直し。原形は大きな窓でかっこいいのですが、空制化後は腰板の高い、何ともあか抜けない形状になりました。その野暮ったさを出したかったのです。その結果、後ろ妻の窓の位置も変更になり、昨日の工作物はおシャカ。

 前妻をキャブ床板に半田付けしたうえでボイラーに半田付け。その後、キャブ内のボイラー部分を整備(床板とボイラーとの間の隙間を板で埋める)しましたが、結構てずってしまいました。

 

 

9040型 (31)

f:id:Mogul:20170812211758j:plain

 0.4mm厚の真鍮板でキャブの妻を作ります。2枚はり合わせです。

 寸法の検討やら作り直しやらでだいぶ時間をとってしまいました。