モーガル(Mogul)工場日誌

80分の1、16.5mmゲージを中心とした鉄道模型工作

電気機関車

ED17 27 (8)

台車枠につくブレーキのリンク機構の続きです。リンクの土台は1.5㎜板を切り出します。芋付けはマづいだろうということで、実物に近い形で、下辺を1㎜ほど0.3㎜厚くらいまでヤスリ込み、表面を台車の表に出す形で半田付けしました。 そこに小さいリンクを1㎜…

ED17 27 (7)

床板は以前切り出した1.5㎜板です。これに1.6㎜の下穴を3か所あけ、2㎜のタップをたてます。こうしてエンドウのEN22の取り付け台が設置できました。MPギアとEN22の組み合わせが可能な見通しです。 ドリルの穴開けのためのセンターポンチですが、所属クラブの…

ED17 27 (6)

かわり映えのしない写真ですが、ブレーキ引き棒をつけました。何年か前に作っておいた部品で、あまり出来がよくないのですが、作り替えてもあまり改善しそうにないのでそのままつけてしまいました。0.5㎜線でピンを打っています。

ED17 27 (5)

ブレーキ梃子を台車に取り付けます。大きな梃子は成形の上、台車に1.5㎜の穴をあけ、1.5㎜線でつけました。小さい梃子は、面倒ですが、0.4㎜板を▽状に切り出し、0.5㎜の真鍮線をリベット状に使って台車に装着。その際、台車のリベットは削り取っておきます。…

ED61重連

中央線の山線区間は昭和30年代初めまでED17の重連が担当していましたが、さすがに老朽化し、新型のED61が投入されました。ED17同様に重連が基本ですが、ED17とは違い総括制御ができます。ED61の活躍は昭和40年代後半まで続き、自分も見ることができました。 …

ED17 27 (4)

旧ED13の特徴として、ブレーキシリンダー回りが外に露出していることがあげられます。1.0㎜板からブレーキ関係の梃子を切り出しました。切り出す前に1.5㎜と1.0㎜の穴をあけておきます。

ED17 27 (3)

昔のつぼみのドロップ製台車の加工を始めました。この台車はよくできてますが、左右対称です。実際のED17の台車は左右非対称で、運転席側が上がり、機械室側が下がるような具合です。そのため、それぞれ端部の下部と上部をヤスリ掛けしました。 このような作…

ED52 (2)

前面の手すりも割ピンと0.4㎜線で取り付けました。諸般の事情であゆみはカメさんです。

ED52 (1)

ED17 28のついでに、もう1両の電機の仕掛品、ED52を作ることにしました。 ED52は、戦前、ED51,ED56,ED57と共に、旅客列車を引いて新宿・八王子間をすっ飛ばし、八王子で山線の機関車にうけ渡していました。見ることのできなかったその姿を模型で再現したいの…

ED17 27 (2)

台車は古いつぼみのドロップ製を、車輪はエンドウの15.5㎜スポークにMPギア(軸距離35㎜)を利用しようと考えています。モーター(EN22)とギアの間に十分な距離がとれるかちょっと心配なところです。 MPは14㎜の近代型用動輪付きのものを利用しますので、そ…

ED17 27 (1)

電気機関車の仕掛品は2両、一番古いのがこのED17 28です。かれこれ四半世紀前に作り始めて車体がほぼできたところで止まっています。鉄道模型社のエッチング板をもとに西村尚夫氏のTMSの記事を参考に組み立てました。 ED17の仲間でも異色の車で元は貨物用のE…

ED37の牽引する貨物列車

youtu.be ED37牽引の貨物列車です。クモハ11とクハ16の2両編成の電車とすれ違います。

ED37

ED37は東芝が1944年に奥多摩電気鉄道のために製造した戦時設計の機関車です。重量42t。青梅南武線で活躍した後、ED29 に改番され、最後は浜松機関区の入れ替え用に使用され1963年に廃車となりました。牽引定数は35(平坦線)だそうです。 350t牽引ということ…

天賞堂のED16

貧乏鉄道で完成品はほとんど持ってないのですが、ED16 には特別の思い入れがあるため、天賞堂が初めて発売したとき、思い切って購入しました。 それまでのED16の製品のなかで、印象把握はピカ一だと思いますし、その後の天賞堂の再生産品と比較しても、優れ…

天賞堂のEF57

模型店の店頭で、あまりの安さにとびついてしまった天賞堂のEF57です。スポンジが全体に付着していたための安さのようです。天賞堂の電気機関車はプラのパーツが多いと聞いていたので、苛性ソーダで煮るのではなくシンナーのお風呂につけてみました。(プラ…

ED11

ED級電機も手掛けたい気持ちでいっぱいです。なんといっても昔(戦前)の中央線はEF11以外ED級電機しかいなかったのですから。 ED11も中央線に縁が深く、里線の貨物用が基本ですが、客車を牽引して山線に進出したこともあったことが昔の写真で確認できます。…

旧ED51 (ED1724、26)

旧ED51のエッチング板ですが、妻をつけました。デッカーを特徴づけるベンチレーターは、大昔のピノチオの部品をハンダづけしたものです。アダチのプレスの部品が一番いいと思うのですが、貧乏性なもので、せっかく持っている部品を活用したかったのです。取…

ED17 仕掛品

電気機関車の仕掛品はエッチング板です。ED17は中央線に縁が深いし、実物を自分の目でみることができたので、非常に愛着のある機関車です。 左からED1727(旧ED13模型社エッチング板)、ED17(ED52アダチの古いキット)、ED1726(旧ED51模型社エッチング板)、E…

ED17 5

17日なのでED17です。ED17はED16とともに中央東線電化の立役者でした。大きく分けて旧ED50の系統は主に甲府機関区にあって、八王子~甲府間の貨物列車を牽引。旧ED52の系統は八王子機関区の所属で、戦前は八王子~新宿の旅客列車、戦後は八王子~飯田町の貨…

ED16

16日なのでED16、天賞堂の完成品です。自分にとって子供のころ、電気機関車といえばこの機関車しか思い浮かばなかったというほどなじみにあるものです。 この模型は実物の感じをよくとらえています。自分にとって残念なのは、最晩年の姿で、テールライトが埋…

ED34

ED34は旧南武鉄道の1000型(1928年製造)で、1961年にED27に改番された機関車です。日立の初期の電気機関車のひとつ。生まれてから国鉄で廃車になるまで、南武線、青梅線以外には足を踏み入れませんでした。 出力700kwのため牽引定数は35で、ED16やED17の80…

EF10 24

本日は、物置状態だった棚の整理とトロリーのプライマー塗装で一日が過ぎてしまいました。棚に放り込んでいた各種部品等を仕分けして、箱に入れ、ラベルを作って、などという作業は面倒なものの、時々やらないといけませんね。 EF10 24は戦後ステンレス車体…