モーガル(Mogul)工場日誌

80分の1、16.5mmゲージを中心とした鉄道模型工作

客車

B6と2軸客車

B6はちゃんと8両編成2軸客車を牽引してくれます。それにしても、このままでは、タンク機関車以外の古典機では無理、ということになってしまいそうで頭が痛い。転がりの悪い客車・貨車は本当に問題です。

珊瑚の2軸客車キット (28)

何とかここまで復活。窓上の通風孔?に半田が回ってしまい、初めていさみやで購入した半田吸い取りテープを使いました。あまりすっきりいかないけど腕相応で、良き哉。

珊瑚の2軸客車キット (27)

考える力がないせいか、他の車両と同じく、妻板上辺を側板に合わせて箱を組んでしまいました。その結果、下屋根の裏につくデッキ部の部品のため、車体中央部に隙間ができてしまいました。設計ミス?と思ったものの、よく見ると、妻板とデッキ床に少し間隔が…

珊瑚の2軸客車キット (26)

1等車に取り掛かりました。ここまでは比較的スムーズ。その後に大きな落とし穴。嗚呼。

珊瑚の2軸客車キット (25)

3等緩急車の2両目が生地完成です。珊瑚の2軸客車は、あと1両(オープンデッキの1等車、しかし2等に格下げ予定)。

珊瑚の2軸客車キット (24)

本日中にできると思ってたのですが、諸般の事情でここまで。とはいえ、やはり連続製造で多少は熟練し、屋根などは生産性が上がりました。ラチェット取り付けは相変わらず四苦八苦。

珊瑚の2軸客車キット (23)

2両目の3等緩急車に取り掛かりました。側板の貼り合わせは半田メッキしてからがいいことに気づきました。遅いですが。

珊瑚の2軸客車キット (21)

KD38を購入しましたが、KD8と若干取り付け寸法が違うようです。シャンクの長さが0.4㎜位短いようなので、カプラー取り付け台の後退もその分縮める必要がありそうです。シャンクがプラになったのもショックです。

珊瑚の2軸客車キット (20)

側板にラチェットと手すりを取り付け、車体を箱型に組み立てました。3等車は扉が多いので四苦八苦です。ラチェットを通す穴が大きすぎるため、半田付けに苦労しているわけです。もう少し小さい穴にしてあれば随分作業効率が違うと思いました。 3等緩急車はも…

珊瑚の2軸客車キット (19)

久しぶりに工作の時間がとれ、3等緩急車の1両を作り始めたところです。 7月4日、アメリカ独立記念日ですね。7月4日にMiley CyrusがDolly Parton とJoleneを歌っている動画があります。その背後に比較的大型の蒸気機関車が蒸気を出して止まっているのが見えま…

珊瑚の2軸客車キット (18)

1・2等合造車が2両生地完成となりました。カプラー取り付け台は1.2㎜後退させています。これで手持ちのKD8をすべて使い切ったので、今後はKD38でしょうか。 あと3両(3等緩急車2両と1等車1両)です。ふー。

珊瑚の2軸客車キット (17)

生産性が悪いのですが、ようやく1・2等合造車が生地完成。もう一両続けて製作します。これも3等に格下げしようかと考えてます。

珊瑚の2軸客車キット (16)

諸般の事情で生産性が落ちてますが、2等車がだいぶ組みあがってきました。

トビーの2軸客車キット (1)

罪庫にはトビーの2軸客車5両があります。これも組み立てれば、珊瑚と合わせて10両以上の編成になるので、そこそこかっこがつきそうです。1~2両は空制の貨車(車掌車)にしてもいいでしょう。 最近気になりだしたのは、大正期の官鉄の2軸客車は赤帯をつけて…

珊瑚の2軸客車キット (15)

車体を四角に組んだところです。この合造車では、側板を左右で同じものを利用しているため、側板でステップのある妻側の手すりが片方ないことに気づきました。逆にそちらの側板は本来ない手すりがついているわけです。もう一両のキットでも同じですから、部…

珊瑚の2軸客車キット (14)

2等車が生地完成したので、次に1・2等合造車にとりかかりました。多少慣れてきたので、いつもより短い時間で下屋根、上屋根、側板の半田付け作業を完了。 でもこれを含めてあと5両。キット地獄から早く抜け出したいところです。

珊瑚の2軸客車キット (13)

まだ台車を止めていませんが、2等車、ほぼ生地完成まできました。塗装時には格下げで3等車にしようと考えています。

珊瑚の2軸客車キット (12)

2等車は片側にドア4つですね。1・2等合造車はドア2つだからそっちを先にした方がよかったかも。ともかくこのラチェット取り付けは苦痛。上の孔が大きすぎて落ちてしまうのです。

珊瑚の2軸客車キット (11)

組み立てのノウハウを自分で自分に伝承するには、(なんせ記憶力が悪いので)、連続して工作した方がよさそうです。ということで、今度は2等車にとりかかりました。下屋根にコの字型の支えと明かり窓を取り付けるのが苦痛です。両方ともエッチングでペラペラ…

珊瑚の2軸客車キット (10)

珊瑚の2軸車の内、郵便荷物緩急車が生地完成となりました。KDの取り付け位置は1㎜後退させたところです。車両間隔が9㎜から10mm程度でまずまずかと思います。 例によってバッファーはつけず、真空ブレーキ管も取り付けない、という平野氏の原則に従います。…

珊瑚の2軸客車キット (9)

車体を四角に組みました。今回もドアのラチェットの取り付けに手間取ります。

珊瑚の2軸客車キット (8)

珊瑚の2軸客車プロジェクトも忘れてません。3等車に引き続き、屋根が1重で簡単な郵便荷物車に取り掛かります。 今回のプロジェクトでは室内灯を省略する予定です。DCCの機関車に牽引されるときはその方が単純でいいように思ったからです。また、そもそもこ…

トビーの8620+ペーパー製客車5両

何度も非力を嘆いているトビーの8620ですが、ペーパー製の客車ですと、20m級5両編成くらいなんともありません。軽量なうえ、昔のドロップ台車で転がりもいいからでしょうか。 最近はレーザーカットなどで、各種のペーパーキットが販売されていますが、オハ61…

珊瑚の2軸客車キット (7)

ようやく、組みあがりました。連結器取り付け台はキットより1.5㎜後退させた状況です。これだと、連結面間隔が8㎜程度になります。10㎜がスケールだとすると、もう少し前に付け直した方がいいかもしれません。 以前に作った珊瑚の客車と連結して試運転したと…

珊瑚の2軸客車キット (6)

ようやくもう一方の側梁を組み立て、床板に設置し、さらに両端梁をとりつけたところです。明日には生地完成となりそうです。 ここで気になりだしたのは連結間隔。余は、平野和幸氏にならって、自分の車両にはバッファーをつけず、KDカプラーのみとしています…

珊瑚の2軸客車キット (5)

床板に片側の側梁、足掛けを設置しました。That's it. 最近は在宅勤務ではなく、毎日出勤、どうも時間がとりにくくなってしまいました。トホホ。

珊瑚の2軸客車キット (4)

車体がようやく組みあがりました。 前回、2軸客車は好きでないと書きましたが、こういう発言はPCの時代よくないかもしれませんね。読者のなかに、ひょっとして2軸客車をこよなく愛される方とか、ご先祖様が2軸客車の設計・製造に携わったとかいう方がいて、…

珊瑚の2軸客車キット (3)

ようやく側ドアのラチェットの取り付けが終わりました。エッチングの小パーツはピンセットから飛んで行ってしまうし、何とか穴にいれると、穴が大きいため、下に落ちてしまうという地獄でした。ようやく上回りの部品がそろい、これらを四角に組んでいきます。…

珊瑚の2軸客車キット (2)

『日本の客車』に掲載されているこの車がキットのプロトタイプでしょうか。国有化後はハ1005という形式になったそうです。 ドアのラチェットがエッチングの小部品で取り付けに四苦八苦中。いくつか4次現世界に飛んでいきました。

珊瑚の2軸客車キット (1)

ちょっと必要があって珊瑚の2軸客車を組み立てることになりました。在庫を調べたら、全部で8両。一日1両できたらいいのですが、とてもとても。下屋根にエッチングのコの字型上屋根支え部品をハンダ付けするのがかなり面倒です。きっちりはまらないので、ゆら…